今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

最強のトラウマ映画と言われている「イレイザーヘッド」のワンシーン

2009.6.12 01:00 動画映画・テレビ # コメント(-)

デビットリンチ 前回記事にしました、海外の方が選んだ「いろんな意味でやばい映画トップ10」で堂々ナンバーワンに輝いた、デビット・リンチが一人で製作・監督・脚本・編集・美術・特殊効果を担当した映画「イレイザーヘッド(Eraserhead)」のワンシーン。

 1977年にアメリカで公開されたモノクロ映画で、イレイサーヘッドの意味は、鉛筆の上についた消しゴムのこと。何か悪いものを見てしまった気分にはなれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
イレイサーヘッドのワンシーン


関連:こちらも伝説のトラウマ映画との呼び名も高い「Begotten」
『サスペクトゼロ』を監督したE・エリアス・マーヒッジが学生の時に撮った8ミリ映画。


ひょう


全身タイツPARTY

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook