今日の気になるニュース

カラパイアの最新記事

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「万博とび頭」万博を影で支えた男たち(1969年)

2009.6.7 11:00 動画歴史・文化 # コメント(-)

00 大阪万博(日本万国博覧会)は、1970年に開催された日本で最初の国際博覧会。東京オリンピック(1964年)以来の国家的イベントであり多くの企業・研究者・建築家・芸術家らがパビリオン建設や映像・音響などのイベント制作・展示物制作に起用され、高度経済成長を成し遂げアメリカに次ぐ経済大国となった日本の象徴的な意義を持つイベントとなった。

 その万博を影で支えた男たちがいる。万博のランドマークタワーとして建設された高さ127メートルの展望塔、『エキスポタワー』の建設に携わった、鳶職の男たちだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 その時の危険な作業の様子を、一人のとび頭(おやじ)を通して撮影した、1970年2月4日にNHKにて放送されたドキュメンタリー「ある人生 万博とび頭」は、当時の工事現場事情を知ることができる貴重な映像。





 これまでに経験したこともない高所にて作業をするトビ職人たち。クレーンで上がってくる23トンもある鉄の柱を高所で組み立て、丸いパイプの上を軽業師のごとく、地下足袋一丁で渡り歩く。

映像スクリーンショット

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10


関連記事:
【これぞ必殺仕事人、命綱なしで高所で作業、アジアの危険な工事現場】


【20%OFF!】USB工事現場 お詫び看板編(おもちゃ)

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook