今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

遺体保存技術を利用して作られた、人間の遺体でアートする展示会「ボディーワールド」に批判の声

2009.5.15 11:00 画像アート # コメント(-)

bop ボディーワールドとはフォン・ハーゲンス氏が開発した遺体保存技術「プラスティネーション (Plastination) 」を使って標本化した人体を様々なポーズを付けて展示をするというもので、世界各国でその展示会が開催されているそうです。

 「ボディーワールド」では毎回、趣向を凝らしたポーズの遺体が展示されることで、賛否両論を集めてきたそうですが、今月7日より ドイツのベルリンで開催された展示会ではセックスをする2体の男女の遺体標本を展示。

 さすがにこの展示方法に関してはやり過ぎではないのか?との声が強く、政治家からも非難の声明が発表されるなど、異例の開幕となった模様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【Вынос мозга в мире】
ベルリンで「ボディーワールド」が開幕、展示内容を巡って非難殺到

今回展示された作品が紹介がこれら
no title


00


000


0000


00000


000000


00000000


20


 主催者側は、「展示内容は人の生と死を説明したもので、セックスをする2体の男女の遺体標本に関しても生を表現する上で欠かせない展示内容だ」と反論。また、法律上、ボディーワールドの開催を妨げるものは何もなく、今のところ批判の声は主催者側にはほとんど届いていないようです。

 ハーゲンス氏は中国に工場を抱えることで、展示用の遺体標本を大量生産。遺体展覧会は常に批判の矢面に立たされてきたが、興行自体はいつも活況を呈するなど、商業的に常に大きな成功を収めているそうです。


別の展示会場での画像もありましたので紹介することにします。


2


3


5


6


9


10


12


14



16


18


450



 人間の好奇心ってお金になるからなぁ。特に後ろめたい気持ちと比例して惹きつけられる部分があるっていうか。うちのおばあちゃんなら確実に「このバチあたりが」って言いながら呪文とかお経唱えちゃいそうだな。死後の世界を信じるか信じないかでかなり見方がわかれるんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。っていうか心霊写真とか、あがってきてないのかな?


「で、出た〜!!」動くと怖〜い★人体模型コスチューム登場!なりきり人体模型

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook