今日の気になるニュース

カラパイアの最新記事

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ドラッグを服用したときの症状をWEB上で体験できるインタラクティブサイト

2008.10.26 21:00 いじくる・遊ぶ # コメント(-)

ドラッグマリファナ、コカイン、ヘロインなどのドラッグを使用した場合、いったいどんな症状がおきるのかをブラウザで体感させ、ドラッグの危険性をPRするWEBサイトなのだそうです。ノルウェーの国営ドラッグ電話相談サービス『 RUStelefonen』がアンチドラッグキャンペーンの一環として作ったものだそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【Click here to try drugs】(via Noshuke::Bookmark)

ポップアップをブロックに設定している人はブロックを解除し、ゆらゆらゆれる画面の上の「continue」ボタンをひたすら押しながら進めていってください。ブラクラ的にいろんな不具合が生じますがこれが幻覚症状というやつの疑似体験モードらしいので、あなたのコンピューターには支障はありませんのでご安心を。

まのおい

マコビクン・チポビビン ローション

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook