今日の気になるニュース

カラパイアの最新記事

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

シリコンバレーより兵士に代わる新兵器、「市街地戦用キラーロボット」

2007.12.14 19:11 動画面白 # コメント(-)

殺戮ロボット人間の兵士に変わる戦闘用ロボットを、シリコンバレーのベンチャー企業、Robotexと、25才の独学エンジニア、アダムゲティングスが共同開発しているそうです。戦士たちを戦場から開放するべく世に送り出される予定のこの戦闘ロボット、Assault-12を標準装備し小回りのきくスタイルで戦闘地を電波を使った遠隔操作でちょこまかと時速12キロで駆け回るそうで、400メートル離れた場所からでも的確に鋼のドアに10インチの穴を開けることが可能なのだそうです。軍で使われる兵器などは、日本と同様お役所仕事で、予算が降りるまでにかなり時間がかかるそうで、今回の開発はRobotex社に投資している投資家の援助のもとに行われています。開発から製品化し、製品テストが行われ実用化されるまでの期間は、軍主導のものよりも大分短縮できるし値段もぐっと安くなる見通しで、現行のイラクでテスト運転中の「Talon」の6分の一程度に抑えられるそうです。というか対戦相手もロボット戦士を使い始めたらもうそこはロボット戦争の世界になるわけで、じゃあってんで今度は遠隔操作している人間をターゲットにしたロボットとかが開発されて、でもやっぱりそのロボットも人間の手によるものでっていう、いたちごっこなエンドレス。
このエントリーをはてなブックマークに追加
【Killer robots could replace soldiers】(via ひろぶろ

Robotex

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook