今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

おしりペンペンが、うつ病と自殺予防に絶大なる効果を発揮

2005.5.31 02:05 知る面白 # コメント(-)

鞭お尻をペチペチ鞭で打つのは愛好者のためのものだけではなかったようだ。医学都市伝説さんの記事によると、「鞭打ち療法はうつ状態と自殺の危機を癒す」とし、その絶大なる効果に、患者は世界に明かりが灯るのを見ると言う。

ノボリシビスク在住の科学者が、国際学会で発表した内容によると、アルコールや薬物依存、自殺願望、抑うつなどは、患者が生きる興味を失ったときにお起こる現象で、生きる興味を失うことにより、脳内で分泌される幸運ホルモンといわれるところのエンドルフィンの分泌が不足する。そこで鞭で刺激を与えることにより、そのエンドルフィン受容体に刺激を与え、分泌を活性化させることで抑うつ状態を改善、最終的には幸福感が芽生えということらしい。

生物学博士、セルゲイ・スペランスキィは自身もうつ病を克服のために自己鞭打ち療法を使った経験がある。博士曰く、「鞭打ち療法は異性から受けたときに一番効果があるようだ。その効果は驚くべきもので、患者は周囲の世界に明かりが灯るのを感じはじめ、心痛は消えていくんだ。お尻の痛みが治まるのには時間がかかるがね」とのこと。
(詳しくは医学都市伝説さんの記事をご覧下さい)


てことでパルモは今日から人助けの一環として「女王様とお呼び」と呼びかけてみることからはじめようと思うんだ。でもってなんか瞳の奥に光る何かを感じたら手持のムチで叩きながらの全国行脚の旅とかをそろそろするべきなんじゃないかと思い始めたりもしたんだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook