今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

プレイステーションが一家の危機を救った。

2004.12.15 21:43 知るアニメ・漫画・ゲーム # コメント(-)

PSテキサスのサンタフェに住む一家は、あの、バイオレンスな悪名高きテレビゲームのおかげで、命を救われちゃったらしい。

 サンディー・ウィルソンは彼女の3人の孫を世話していた。子ども達がプレイステーションで遊んでいたとき、彼女の家を窃盗団が取り囲み、子どもに銃口を向け、侵入を試みようとスキをうかがっていた。
 
 子ども達がその時プレイしていたのは、グランドセフトオート。世界最凶の犯罪王を目指すために、あらゆる悪事を尽くすというアメリカで大人気の18歳以上を対象とした、闇社会の犯罪アクションゲームなのだが、このゲーム、悪事を働くと必ず付きまとう警察が、いたるところに待ち構えていて、失敗すると当然のことながら捕まってしまう。

 窃盗団たちが家の外から聞いた声はどうやら、「警察だ!おまえらは完全に包囲されている」という部分らしく、その後何度も「止まりなさい。もうおまえらに逃げ道はない。こちらは警察だ。」という声が響き渡り、観念した窃盗団は、両手をあげて家の中に入っていったという。

 ところが家に入っても警察なんてどこにもいない。しかし確かに警察の声が聞こえている。パニックした窃盗団は、慌てふためいて、大急ぎで逃げ帰ったという。 すぐさまサンディー・ウィルソンは、本物の警察に連絡をし、窃盗団4人は無事逮捕された。 

 窃盗団が押し入った時、家でプレイステーションで遊んでいたウィルソンの子ども、フィッシャーは、「考えてみたらおかしな話さ。少しでもゲームをプレイしたことあるヤツならわかっただろうに。やつらは今後、どんなテレビゲームを見ても怯えて暮らすんだろうね」と笑いながらこう語った。(ABC13.comより)
 
 というかなんというか是非その、グランドセフトオートってやつをプレイしたくなってしまいました。おもしろそうだし。日本語版もでているらしいので防犯対策的にもいいかもしんない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook